さて、いよいよ2月も終わりで確定申告の時期がきました。

 

確定申告については、最寄りの税務署で相談するのが一番安上がりではありますけれど、何も勉強せずに税務署に出かけても「わからないまま」の状態になってしまうので、今年は、参考書を買ってみました↓

 

賢くお金を取り戻す! 確定申告&節税 (TJMOOK)

 

購入したのは、こちらの記事でお馴染みのセブンイレブンさんで↓

 

”やりたいこと”をやることができた人生だったか…

セブンさんには、確定申告の本はこの本しかなかったのですが、アマゾンではすでに売り切れでした。

 

本体価格680円+税というのは、かなりお買い得だと思います。

 

コンビニで売っている単行本って大体雑誌と同じような700円ぐらいの価格設定のものが多くて、しかもトッピックは、お金、人間関係、ダイエット、健康とか、だれでも気になっていることが多いんです。

 

忙しいとついコンビニで本を買ってしまう。しかも、この700円本があっという間に読み終わってしまうんです(涙)

 

「確定申告&節税」TJ MOOK宝島社

 

この「確定申告&節税」の本、確かにわかりやすくはあるんですが、中身は充実しているように思います。

 

●税金の計算に使えるエクセルシートがいろいろとついてくる

●e-タックスの使い方が説明されている

●サラリーマンや主婦など、確定申告にあまり関係がない人でも知っておきたい医療費控除の説明が充実している

●届けるだけでもらえる「給付金一覧」

 

など、知りたいことがコンパクトにまとまっています。

 

本の内容はこんな感じです。

 

1章 国税庁「確定申告作成コーナー」の使いこなしガイド

2章 サラリーマンと年金受給者の確定申告

3章 個人事業主、不動産オーナーの確定申告

4章 控除がうけられる(税金が安くなる)ケース

5章 株式投資やFXの所得の税金

付録 給付金のリスト

 

サラリーマンや年金受給者の方も、

 

●退職した年

●医療費が多くかかった年

●住宅ローンを借り入れた最初の年

●株式投資やFXで損をしてしまった年

 

のいづれかに当てはまる年には、早めに参考書を買って勉強することがお勧めです。

その時は、お手頃なコンビニ本を購入されてはいかがでしょうか?