上野公園、日曜日の花見で人間の幸せを考える

「人に会わなければ始まらないから」ということで、ふるさと住田町の経済と観光を盛り上げるために活動されている、岩手県住田町”ふるさと住田会”さんのお花見に、上野まで出かけてきました。

 

 

 

岩手県の観光大使をやっている飲み処かすみ亭のおかみの輝子さんにご紹介いただいてーと言っても、飲んでるときに「ちょっとこない」と言われただけですが^^、それがきっかけでヒョコヒョコ参加させていただきました。

幸せは人が運んでくるし、「呼ばれたら行く」が今年のだから、まずは行くしかないです。

 

平均年齢70才、約10名の岩手県住田町のみなさんの宴会に紛れ込ませていただきました。

 

 

日曜日の上野の桜は、もうちょっと終わりかけていて、残った桜も、ちらほらと散り始めている状態。

 

週末の花見は、週日の夜の勤め人の皆さんのお花見とは違ってとてものどかです。柔らかい春の日差しのなか、桜の花びらがお酒や料理に舞い落ちてきて、とってもいい感じです。

 

さて、ふるさと住田会がいったいどういう組織なのかを説明しますね。

 

ふるさと住田会は、岩手県人連合会の81の加盟団体の一つです。会の目的がなんだかは、よくわかりませんが、「住田町を盛り上げ、未来を築くこと」なのではないかと思います。おそらく。

 

世話役の中にIT企業の社長さんがいて、地元の中学生が職場体験に会社にきたらしく、中学校の校長先生からのお礼状を回覧されていました。

なんか皆さんほほえましいです。

 

そして、驚くのは地縁・血縁の濃さ。

 

  • 私のお隣の席の熊谷さんの下のお兄さんが、向かいの席の松田さんの同級生
  • その隣のさち子さんと松田さんは家がお隣り同士
  • 熊谷さんの私と反対隣の多田さんは、いとこ同士
  • 多田さんと私を今日の花見に誘ってくれた輝子さんの妹さんが同級生

 

みたいな感じで60代、70代の皆さんがつながっています。

100才までいきるための9つの方法

 

購読しているメルマガで紹介されていた Dan Buettnerの”How to live to be 100”というTEDの動画を見てみました。世界中の長寿地域を研究した結果、長寿地域には食事や生活スタイルには9つの共通点があるというのです。

 

9つの共通点は、「運動」、「休息」、「食事」などが含まれますが、一番大切なのは、「人間関係」だということです。

 

年寄りや子供の面倒を見て、教会や友人関係などの信頼に基づいた人間関係の中での時間を大切にすることなのだそうです。

 

健康な長生きのコツは、家族の世話と信頼できる人間関係みたいです。