鍵の交換代金30,000円で本当に安全が買える?

新しいマンションの鍵の交換代が30,000円かかると言われてしまいました。どうしよう、心が痛みます。

 

玄関には、ピッキングされにくい、シリンダーキーという高い鍵が2つ着いていて、それを両方買えるとその値段になるんだそうです。

 

賃貸契約書に1行、「鍵を変えないことによって発生した損害は責任を持つ」という文章を追加すれば、変えなくてもいいとのことでした。

 

ネットをみたところ、鍵代を借主が負担するのはよくあるケースだそうです。

 

私が引越しをする築17年、世帯数20戸の小型マンション、管理会社さんによれば、これまで盗難事件は一度も起こっていないそうです。

 

1階だけど、窓ガラスにはステンレス線の網が入っています。

 

合鍵で侵入ということは、以前に借りていた人、あるいは管理会社の人、大家さんが合鍵で侵入する可能性ということですよね。

 

それよりは、鍵を破って玄関から入ってくる盗難事件の方が可能性が高い気がします。

 

鍵の交換は本当に安全度を高めるのか、それとも無駄な出費なのか、どうなのでしょうか?

 

安全のため、まさかの時に備えてと言われると逆らえないなあ。

 

ネットで探して、見つけたのがこの記事↓

https://www.homes.co.jp/cont/rent/rent_00096/

 

不動産情報サイトの記事です。

 

何と国土交通省のガイドラインの中では、鍵の取り替えは物件管理上の問題であるため、「賃貸人が負担することが妥当」と書かれているのだそうです。

 

但し、妥当というだけで、借主の方が、法律の知識がないため、借主が負担することに決められる場合もしばしばあるそうです。

 

明日、管理会社さんに、電話でもう一度交渉しないといけないな。うれしいような憂鬱なような検索結果でした。