NISA口座って、便利に使えるかもしれない。

すでにご存じの方の方が多いと思うのですが、私のように、NISA口座って何と言う方もいるかもしれませんので、NISA口座について簡単に調べてみました。

 

NISAの正式名称は「少額投資非課税制度」と言います。

 

2014年~2023年の10年間にNISA口座を開設し、その口座を使って購入した上場株式および株式投資信託等については、購入してから5年目の年末までの利益については非課税となる仕組みです。

 

少額投資非課税制度とあるように、年間の投資額は2014~2015年までは年間購入額上限100万円、2016年から2023年までは年間購入額上限が120万円と定められています。

 

日本に在住する20歳以上の個人が口座を開設することができます。一人一口座しか開くことはできません。

 

NISA口座は証券会社・銀行等で開くことができますが、金融機関によってNISA口座で取り扱っている金融商品は異なります。

 

例えば、2017年に20万円で購入した株式が、購入した年から5年目の2021年の年末に、50万円に値上がりしていたとします。

 

選択肢は、3つ考えられます。

 

①非課税機関が終わる2021年の年末に50万円で売却する。

②2022年のNISA投資枠の120万円の内50万円を使ってNISA口座で保有し続ける。

③2021年末に一般の課税証券口座に移し保有し続ける。

 

③の課税証券口座に移行した場合には、移行以降の売買益および配当金については課税扱いとなります。

 

税率が現行の20%とすると、20万円の株式が50万円に値上がりした場合、売買益の30万円の20%は6万円で、NISA口座を利用すると6万円手元に残る資金が増えることになります。

 

売買益が課税される場合の利回りは、50万円÷20万円で250%となりますが、

売買益が課税されない場合の利回りは、44万円(50万円-6万円)÷20万円で220%となります。大きな違いですね。

 

詳しくは、各金融機関のウェブページをご確認ください。

 

投資信託協会のHPの開設もわかりやすかったのでご紹介します。

http://www.toushin.or.jp/nisa6column/nisa_1/