理想のひとり旅はないかも、理想の老後がないように…

友達との大切な旅行、旅行の後で気まずくなることだけは避けたいです。

 

年をとると、どうしても体力がなくなるので、一日歩き回った後に、人に気を遣うのはどんどん大変になってきます。

 

そこで、便利なのが、おひとり様ツアーに友達と参加する方法。

 

 

バスツアーの場合は、宿泊が1人1部屋なだけでなく、バスの2人席を1人で使えるプランもあるようです。

 

また、おひとり様に限定したおひとり様限定ツアーというのも・・・。

 

 

義理の弟も試したおひとり様ツアー

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

年末に義理の弟のTさんが、会社の先輩と金沢バスツアーに参加しました。金沢はちょうど積雪で、文字通り雪の兼六園を楽しむことができたようです。

 

日本酒マニアのTさんのこと、一番のお目当ては北陸の美味しい地酒とお魚だったのでしょう…?

 

Kさんの場合、以前、本当に一人で、四国の道後温泉のバスツア―に参加したことがあって、その時は、あまり相性が良くない一人参加の方の、お世話係というか、囚われの身になってしまったようで、その点今回はとても楽しかったようです。

 

あまりに二人がたのしそうだったのでしょう。同じ部署の部長さんも、今度は一緒に行きたいと言っているそうです。皆さん、旅行仲間には苦労されているのかもしれませんね^^。

 

せっかく毎日一緒に働いていて、気心がしれている間柄なのだから、旅行仲間としても最適なのかもしれませんね。話も合うだろうし…。

 

会社の付き合いも折角の出会いなので、ずーっと旅行仲間・飲み仲間としての関係が続いてくれたらなぁーと思います。

 

古い付き合いって、人生の後半でじわっと効いてきそうですものね。

 

 

おひとり様ツアーってどんな感じ?

 

おひとり様ツアーに参加すると一体どんな感じなのだろうと、ネットの記事を少し読んで見ました。

 

●参加者の年齢が高い

●話を聞いてほしい人に捕まるとストレスがたまる

●食事やバスの席で一緒になる人との相性が悪いと辛い

 

など、おひとり様ツアー特有の問題も多いようです。

 

一方、旅行会社もおひとり様ツアーは、貴重な売れ筋商品のようで、旅行会社も商品開発に力が入ります。

 

●おひとり様しか参加できない、おひとり参加限定ツアー

●女性のおひとり様しか参加できない、女性限定ひとり旅

クルーズ1人1室ツアー

島旅ひとり旅ツアー

●桜、祭りなど季節のイベント一人旅ツアー

 

など、様々な一人旅ツアーがあるようです。

 

と調べていくうちに、便利というかなんというか、一人旅ってこんなに作りこまなければいけないものなのか…と、根っこがいい加減な私としては感じてしまいます。

 

→寂しい

→おひとり様ツアーに行く

→クレームや問題が起きる

→旅行会社がツアーを改善したり、参加者が自己防衛したりする

→解決されない寂しさを胸に改善されたツアーに参加する

→新たな問題やクレームが起こる

→同じサイクルを繰り返す

 

なんか限(きり)がない気がしたりして…

 

”理想のひとり旅なんてないんだよ、理想の老後がないようにね…”と、きっと過去の偉人が言っているに違いない…^^

 

まあ、独り言はこれくらいにして、ひとりを楽しむひとり旅ツアーをしたいのだったら、最後は、添乗員さんに相談するしかないのではないかと思います。

 

そのためのツアー参加だと割り切って・・・。