薬代が年間12,000円以上であれば節税の可能性あり

2017年からセルフメディケ―ション税制がスタートしました。

 

これまで確定申告で、医療費の控除を受けるには、家族で一年間の医療費が10万円を超えないと控除対象にはならなかったのですが、セルフメディテーション税制を使えば、家族で12,000円の医薬品の出費から控除の対象となります。

 

医療費の合計が100,000円に満たない場合で、セルフメディテーション税制の対象となる医薬品の支払の合計が12,000円を超える場合には、医療費控除の特例であるセルフメディテーション税制の対象となる可能性があります。

 

家族の薬代の合計が12,000円を超えているようなら、是非計算してみてくださいね。

 

セルフメディケ―ション税制とは

 

家族の医療費の合計が合計で100,000円を超える場合には医療費控除が、医療費の合計が100,000円に満たない場合でも、家族全体のOTC医薬品の購入額が12,000円を超える場合には、医療費控除の特例であるセルフメディテーション税制が対象となる場合があります。

 

セルフメディケ―ション税制は、医療費控除の特例で、適用されるためには、3つの条件を満たしている必要があります。

 

①所得税・住民税を支払っている

②健康診断を受診するなど、健康のために一定の取組をしている

③セルフメディケ―ション税制の対象となるOTC医薬品の領収書やレシートを保管している

 

①所得税・住民税を支払っている

セルフメディケ―ション税制の対象になるためには、所得税・住民税を支払っていなければなりません。

 

②健康のために一定の取組をしている

健康のための一定の取組に含まれるものには、このようなものが挙げられます。必要な証明書類の目安もカッコで示しておきますね。

 

①インフルエンザの予防接種(領収書等)

②市町村のがん検診(領収書、又は結果通知表)

③会社の定期健康診断(結果通知表)

④特定健康診査-メタボ検診が該当します(領収書、又は結果通知書)

⑤その他の定期健康診断(結果通知書)

 

どうすればいいかわからなくなったときは、税務署に電話をかけて聞いて見るのもお勧めです。また、タケダ薬品サイトの説明もわかりやすいですよ。

 

タケダ薬品セルフメディケ―ション税制

http://takeda-kenko.jp/kenkolife/kusuri/tax_deduction.html

 

③OTC医薬品の費用の領収書およびレシートを保管している

市販の医薬品のうち、OTC医薬品に指定されている医薬品の購入が年間に家族全体で12,000円を超える場合に、控除を申請することができます。

 

セルフメディケ―ション税の控除対象医薬品には、下記のような共通識別シールが表示されている場合が多いです。

 

共通識別マーク

 

また、セルフメディケ―ション税制の対象となるOTC医薬品については、厚生労働省のサイトに一覧表が提示されていますので、こちらもご確認ください。

 

OTC医薬品のリスト

http://www.mhlw.go.jp/file/06-Seisakujouhou-10800000-Iseikyoku/0000191856.pdf

 

また、セルフメディケ―ション税制の全体の仕組みについては、日本一般用医薬品連合会のサイトもご覧になってみてくださいね。