スカイツリーのふもと”ソラマチ”で”新しい下町”を体験

きのうは、大リフォーム博を見るため、東京スカイツリーのふもとの東京ソラマチに出かけました。東京ソラマチに出かけるのは始めてです。

 

目的は、5階のイベントスペースで開催している大リフォーム博で、最近の化粧洗面台をチェックすることだったのですが、きのうの東京ソラマチ探索の最大の収穫は、その魅力をチラ見することができたこと。また、来たいなと久しぶりに思った商業施設でした。

 

最近、年のせいかすっかり買い物がおっくうになってしまいました(汗)が、ソラマチは楽しかったです。

 

東京ソラマチは、都営浅草線と京成押上線が接続している押上駅の真上にあります。駅の改札からそのまま東京ソラマチに移動することができるのです。

 

これって、行きも楽ですが、帰りもとても楽ですよね。気兼ねなく買い物できます。

 

そして、ソラマチの中身の充実度合もすごいです。

 

1Fから4Fまでが店舗、5Fから10Fまでは、イベントスペースやカルチャー施設。11Fから29Fがオフィスで、30Fと31Fが展望台とレストランです。

 

押上駅のB3Fの出口がソラマチにつながっています↓日曜日の午後5時ごろなのに、人がいっぱいです。

 

 

 

大リフォーム展がある5Fまでエレベーターで上がると↓小学生の私だったら、夢中になりそうな光景が…。お母さまとお嬢さまのペアで大賑わいでした^^

 

 

 

ソラマチのすごいところ

 

ソラマチのすごいところは、すべての年齢層を上手にカバーしているところです。誰とでも出かけられるし、一人でも出かけられる。

 

[子供向け施設]

 

お子さん向けには、スカイツリーだけでなく、水族館、プラネタリウム、冬にはアイススケートリンクもあります。そして、それぞれの施設でお子様用のお土産を販売しています。

 

[カップル]

 

お子様向けの施設は、大人のデート用にもにも使えますし、プラス若者向けファッションのお店もたくさんあります。そして、なんといっても手ごろで味のある飲食店がたくさん入っているのです。

 

[大人の大人向け]

 

私のような大人の大人でも楽しめるのが、ソラマチのすごいところです。”新しい下町”とあるように、下町ならではの和菓子が新しいテイストで販売されているのがソリマチ。かわいらしい民芸テイストのグッズもたくさん売っています。

 

東京案内に困ったら、ソラマチに連れて行くのもありだと思います。浅草とかも近くて便利です。

 

全般的に、商品やサービスのお値段もそれほどは高くありません。次回はしっかりとフロアマップをみながらソラマチ散策をしたいですね。

 

ソラマチの詳しい内容はこちらを↓

http://www.tokyo-solamachi.jp/